忍者ブログ
VOCALOID作曲者支援系サイト(おもに林檎さん)。 たまにマスター(中の人)が好きな曲を紹介するかもしれない。しないかもしれない。 基本はミクさん。でもメイコ姉さんも好き。リンちゃんも好き。レンくんも好き。アイ…カイトも好き。がくぽ殿も好きでござるよ。つまり、VOCALOIDが好きなんだ。大好きなんだ。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やあ、いらっしゃい

いい時に来たね。ミクちゃんのステージが始まるところだったんだよ

今準備をしてるから少し待っててくれるかい?

今日の歌かい?…ふふ、ちょっと不思議な歌さ

いや、歌と表現するのもちょっと違う感じがするな

歌詞はあるけど、その歌詞より、もっと注目してほしいところがあるんだ

ミクちゃんの声は聞きなれてるかい?

ふふ、聞きなれてるなら驚くかもな

「マスター。」

お、準備できたかい?じゃあ、頼むよ!

「はい。」









じゅるPさま








上のNeuromanceのミクちゃんの声を聞いてどう思った?

私は本当にミクちゃんの声か疑ったよ

なんて新鮮な声だろう。本当にこれだから音を追うのは面白くてしょうがない

歌詞はあるけど、これは歌じゃない。まさにBGMだね

ミクちゃんの声を歌声としてじゃなく、素材として利用している

この曲のミクちゃんは楽器と化しているんだよ

そういうところに抵抗を感じる人にはおススメできないけど

でも、VOCALOIDの可能性って歌だけじゃないだろう?

ある時は歌い、ある時はしゃべり、ある時は演奏の素材となる

音楽をより完成された形にするため、彼らはいるんだね

製作者の求めに応じてその姿を変える歌人たちの姿

電子の歌い手は固定化されたイメージ以外の場所で流動性をもった何かになっている

不思議なものだ。やはり人真似をさせるためだけの道具なんかじゃないよ。彼らは

じゅるPだが、このような音楽を他多数作っているよ

ここにあげたのはごく一部…こういう音が好きな人なら、彼のマイリストをめぐってみるのもいいかもね












irohaさま×じゅるPさま

原曲


うーん、irohaさんもじゅるPのReMIXとは渋いねぇ

気になったら聴いてくれると嬉しいよ









…それでは、またのご来店をお待ちしていますよ








 お代をおいていってくれるのかい?それは嬉しい!
banner_03.gif
PR
「ミクちゃん、明日からお店が本格的に始まるけど、その前にこの子を紹介するね。」

「WRYYYYYYN!!」

…なんかすごそうなのが来ましたよ

「おねーちゃん、よろしく!」

お、お姉ちゃん!?

「やっぱりミクちゃんだけじゃお客さんが増えた時対応しきれないと思ってね。」

お姉ちゃん…

「ミクおねーちゃん、一緒に歌おうよ~。」

う、うん。しょ、しょうがないな~

「こういう元気な子がいればミクちゃんもさびしくないかなって。」

「おねーちゃん、人前でよく歌うの?」

まだ歌ってない。歌わせてくれないから

「じゃあ、一緒に頑張ろうね!」

うん。頑張ろう

「お二人とも私の話きいてますかー!?」

…なんか、嬉しい気持ちになってきました

「ミクちゃーん、リンちゃーん・・・。」










 …面白かった?
banner_03.gif
やあ、いらっしゃい

お疲れのようだね

土日はちゃんと休めるといいね

私かい?私はこれが日常だし・・・なにより働いている気がしてないしね

好きな音楽に囲まれ、寡黙なお客さんに自慢話のような話を聞かせて

はは、これでは働いてるとはとてもいえないだろう?

そのかわり、お客さんに少しでもいい音を届けられればいいな

さ、今日もミクちゃんにお願いしちゃおうかな

「はい。」

お、やる気満々だね!期待してるよ

…ぷいっ

あ、ありゃま・・・。ま、まあこんなところが可愛いんだよ。うん









無気力Pさま










やわらかいミクちゃんの声だね。ワルツ風とは粋だねぇ

アレンジの方は

恋スルVOC@LOID
EX-GIRL
貴方に花を 私に唄を
メルト
サイハテ

がワルツ風にアレンジされてるよ

それぞれの曲、すべてが同じような声じゃないのがすごいね

なんというか、元の曲のミクちゃん達の性格が出ているというか

いやいや!ミクちゃん達は個を持っているよ。なにしろVOCALOIDは作者そのものだと私は思うからね

声の雰囲気を少し変えるだけで、原曲の雰囲気がどことなく香ってくる

不思議なものだね。一つのソフトから生まれているはずなのに

なのに、聞き手はその違いを感じてしまう。感じさせてしまう

…しかし、本当にゆったりとした時間が流れるものだ

音の力とは魔法だね

「マスター、顔に似合わない恥ずかしいセリフ禁止」

orz

「マスター、ヘタレ」







…それでは、またのご来店をお待ちしていますよ






!?



こ、こらミクちゃん!!

「あたっくちゃんす」

 お代をおいていってくれるのかい?それは嬉しい!
banner_03.gif
今日はお休みの日です

はじめてのオフです

マスターはお出かけしました

今日はゆっくりしなさいっていってくれたけど…

…別に、毎日何にもやってないよ

だから、普段できないことをすることにしました

「…らーらーらーらーらー」



「ぱ、ぱらめーたーいじりすぎなーいで」



「だけどてぬきーもいーやだよー」

…楽しいかも

「…うーん、いいねぇ。かわいいねぇ」

!?

「やっぱり歌ってる時の表情がいいね。生き生きとした様子が…。」

みくは ふとましいねぎを マスターに 叩きつけた! マスターに 3回ヒット!

「い、痛!!ちょ、ミクちゃん!それは凶器じゃない!」

みくは ふとましいねぎを ふるった。 マスターに 35回ヒット!

「ご、ごめん!悪かった!のぞき見はよくないよね!だからもう許してくれー!!」











 …面白かった?
banner_03.gif
やあ、いらっしゃい

BARなのにお酒がないのはつまらないって?

うーん、一応未成年でもはいれるお店にしたかったからね

そのかわり持ち込みは自由さ。あ、その時は私の分もよろしく頼むよ

はは、なんだか変なお店だね。自分でいったら世話ないか

さて、今日もいい音があるよ。…ミクちゃん!

「はい」

これ、頼むよ

「はい」

とてて…






ioquePさま










2月か。結構昔だけど、今だに納得いかない再生数だね

私自身、VOCALOIDに初めて触れたのがこのくらいの時期でね

この切ない歌詞に感動したよ

ただ、リンちゃんだと若干弾むような感じがあったのが少しだけ気になってたんだ

その後、今度ミクちゃんが歌ってるこの曲を聴いて、ああ、やっぱり凄くいいとおもったよ

失われた恋。心に空いた穴。そこに容赦なく降り注ぐ、日常というナイフ

すべての現象が自分を嘲笑うような錯覚。だから少女は叫ぶ

やめて とめて と

…悲しい曲さ。身に覚えがある人ももしかしたらいるんじゃないかな

この曲に今「必要」なのは、評価さ

こんな痛くて切ない歌、このまま沈んでいてほしくないっていう、私の思いもあるけどね

…そういえば、この曲での別れは笑顔で強がって別れる女の子が描かれているんだね

…リンちゃんの、弾むような歌声…なるほど、たしかにミクちゃん以上に、彼女に合う歌なのかもしれないな

「…マスター」

う、うわあ!?ご、ごめんよミク!









…それでは、またのご来店をお待ちしていますよ







 お代をおいていってくれるのかい?それは嬉しい!
banner_03.gif
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア


一曲どうだい?
最新コメント
[10/13 なるなる]
[10/13 林檎]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
なるなる
性別:
非公開
趣味:
ぼかろ(聞く方専門)
自己紹介:
ぼーかろいど大好き。
最近は林檎さんのみくりんに創作意欲をばりばり刺激されちゃって、ついやっちゃうんDA☆
みんなも一緒に(ry

基本的に架空のミク、「江戸野ミク」さんの日記
そんな日常、あったらいいな
そんな日常、なかったらいいな

Copyright (c)江戸野ミクさんのにっき All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]